トップページ > 販売リスト > モロッコ産三葉虫 > Drotops (ドロトプス)

Drotops / ドロトプス

モロッコを東西に走るアトラス山脈一帯は、多種多様なデボン紀の三葉虫が産出する世界的な一大産地として有名です。この地域のものは概して保存状態が良く、複眼や棘,突起が非常に発達したもの、複雑な形状や特異な形の部位を持つもの等、これまでに多くの人々を魅了してきました。化石産業が同国の重要な外貨獲得の手段の一つのため、三葉虫化石についても1990年代頃から次第に様々な種類のものが市場に出てくるようになりましたが、現在ではその当時と比べると化石を剖出する技術も格段に上がり、長く伸びる突起や1mm以下の棘を体全体に渡って立体的に完璧に剖出する職人も現れ、その人気に拍車を掛けています。なお、学術的にはここ10年ほど前からようやく地層の調査や種の記載が始まったところであり、それ故に現在も市場に出回る標本の種名には曖昧な点が多いことから、今後もしばらくの間は注意が必要な状況です。

Drotops (ドロトプス)は、Phacopida (ファコプス目)の中のPhacopina (ファコプス亜目)のPhacopoidea (ファコプス超科)と、典型的なファコプスの特徴を持ち合わせた種類です。しかしそのサイズは世界中の多くのファコプスの仲間から見ても並外れています。モロッコ産のDrotops (ドロトプス)には、通常のファコプスと同様なDrotops megalomanicus (ドロトプス メガロマニクス)と、恐ろしく鋭い棘を全身にまとったDrotops armatus (ドロトプス アルマトゥス)がいます。

Drotops armatus
ドロトプス アルマトゥス
【DRT-006】
デボン紀中期
Issoumour area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 縦10.3cm x 幅5cm (上の個体)
SOLD 母岩 : 18cm x 11cm
価格 : ¥271,000 (税込¥298,100)
特記 : 大型棘々ドロトプスが2体くっついた標本、ハミー氏からの標本です。
写真でもこの標本の存在感は伝わってきますが、実物は威圧感を持ち合わせているほどの凄い迫力です。繊細な剖出で圧倒的な魅力のあるハミー氏の標本ですが、この大きさの三葉虫になると一目見ただけではなかなか優位性がないようにも見えます。しかしこの恐ろしく鋭い棘一本一本は確実に剖出されており、それは拡大写真でもはっきり分かります。またこの大きさの化石となると採掘時のダメージを逃れることは難しいですが、そんな中にあっては接着以外の樹脂の補填や着色は一切施さないという彼のポリシーがここぞとばかりに生きてくるのではないでしょうか。いずれにせよ、脱皮をしているのか交尾をしているのか、はたまた共食いをしているのかは分かりませんが、この標本が語りかける魅力と存在感に時間を忘れて見入ってしまう標本であることは確かです。
Drotops megalomanicus
ドロトプス メガロマニクス
【DRT-005】
デボン紀中期
Issimour Mountain
Alnif Area
詳細写真 Morocco
本体 : 背周り18cm x 幅7cm
SOLD 母岩 : -
価格 : ¥34,200 (税込¥36,936)
特記 : ハミー氏の工房より入ってきた、大型個体の完全防御姿勢で丸まった美しい標本です。
彼の工房からの他の標本と同様、接着補修以外の樹脂等による補填は一切ありません。そのため、この標本も頭部から胸部前方にかけて割れがあるものの接着のみであり、この割れによって生じた左眼およびその周辺の損傷もそのままの状態にされています。従いまして、見栄えは若干悪いものの、まさに見つかった時のそのままの状態での標本となっています。もしこの標本が現地の工房で仕上げられますと、その欠損部分には樹脂を補填、その後同色に塗装等の処理が行われ、見た目では遜色のない標本に仕立て上げられるのが普通です。その場合は、価格も完体のものと一見区別がつかないため、取引価格も上がることとなります。いずれに致しましても、この標本は写真ではお伝えすることが難しく大変残念ではありますが、実物はげんこつ大以上の巨大な個体にて、是非実物を手にして頂きたい見事な巨大標本です。
Drotops megalomanicus
ドロトプス メガロマニクス
【DRT-003】
デボン紀中期
Issimour Mountain
Alnif Area
詳細写真 Morocco
本体 : 7.5cm(背周り8.5cm)x 幅4cm
SOLD 母岩 : 12cm x 10cm
価格 : ¥24,400 (税込¥26,352)
特記 : 現地の工房でクリーニングされた、中型個体の真っ直ぐに伸びた標本です。
母岩割れに伴う補修、また頭頂部前方に表面剥がれの接着があります。また胸部前から2節右端にも若干の補填があります。しかし全体としては補修・補填はかなり限定的で、現地工房仕上げのこの大きさクラスの三葉虫としてはかなり上位品質のものです。頭部裏まで剖出されているため、hypostoma(唇)も観察することができます。