トップページ > 販売リスト > モロッコ産三葉虫 > Kolihapeltis (コリハペルティス)

Kolihapeltis / コリハペルティス

モロッコを東西に走るアトラス山脈一帯は、多種多様なデボン紀の三葉虫が産出する世界的な一大産地として有名です。この地域のものは概して保存状態が良く、複眼や棘,突起が非常に発達したもの、複雑な形状や特異な形の部位を持つもの等、これまでに多くの人々を魅了してきました。化石産業が同国の重要な外貨獲得の手段の一つのため、三葉虫化石についても1990年代頃から次第に様々な種類のものが市場に出てくるようになりましたが、現在ではその当時と比べると化石を剖出する技術も格段に上がり、長く伸びる突起や1mm以下の棘を体全体に渡って立体的に完璧に剖出する職人も現れ、その人気に拍車を掛けています。なお、学術的にはここ10年ほど前からようやく地層の調査や種の記載が始まったところであり、それ故に現在も市場に出回る標本の種名には曖昧な点が多いことから、今後もしばらくの間は注意が必要な状況です。

Kolihapeltis (コリハペルティス)は、Corynexochida (コリネクソカス目)の中のIllaenina (イレヌス亜目)ですので、ロシア産のIllaenus (イレヌス)の仲間です。しかしながら、頭部下および眼の上から出た3本の長い棘は、その仲間とは思えないほどの風貌です。この種はその派手さ、および希少さから、モロッコ産三葉虫の中でも人気の高い種です。

Kolihapeltis sp.
コリハペルティスの一種
【KLH-002】
デボン紀前期
Oufaten area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 縦4.5cm x 幅4.2cm
母岩 : 10.5cm x 10.5cm
価格 : ¥132,000 (税込¥145,200)
特記 : ハミー氏剖出の希少人気種、完品です。
もちろん棘等は接着はありますが、彼剖出の標本ですので補填着色の類いは一切ありません。このもろい鉄分を含んだ化石部分を、それと同じかさらに硬いくらいの母岩から剖出する困難さは我々にはなかなか分かりませんが、そのような岩質にも関わらずここまで明瞭な剖出をする彼の技術と根気労力には脱帽するばかりです。このような長い棘類を持っている種類には、生きている時に損傷を受けて短くなったり治癒した病理標本も多い中、これはすべてのパーツが揃っているようです。この種として間違いなく最高クラスの品質・剖出の逸品です。