トップページ > 販売リスト > モロッコ産三葉虫 > Koneprusia (コネプルシア)

Koneprusia / コネプルシア

モロッコを東西に走るアトラス山脈一帯は、多種多様なデボン紀の三葉虫が産出する世界的な一大産地として有名です。この地域のものは概して保存状態が良く、複眼や棘,突起が非常に発達したもの、複雑な形状や特異な形の部位を持つもの等、これまでに多くの人々を魅了してきました。化石産業が同国の重要な外貨獲得の手段の一つのため、三葉虫化石についても1990年代頃から次第に様々な種類のものが市場に出てくるようになりましたが、現在ではその当時と比べると化石を剖出する技術も格段に上がり、長く伸びる突起や1mm以下の棘まで体全体に渡って立体的に完璧に剖出する職人も現れ、その人気に拍車を掛けています。なお、学術的にはここ15年ほど前からようやく地層の調査や種の記載が始まったところであり、それ故に現在も市場に出回る標本の種名には曖昧な点が多いことから、今後もしばらくの間は注意が必要な状況です。

Koneprusia (コネプルシア)は、Odontopleurida (オドントプルーラ目)中のOdontopleuroidea (オドントプルーラ超科)、Odontopleuridae (オドントプルーラ科)に属します。Boedaspis (ボエダスピス)、Dicranurus (ディクラヌルス)、Kettneraspis (ケットネラスピス)、Gondwanaspis (ゴンドワナスピス)、Leonaspis (レオナスピス)などがいます。体中の端が尖った長い棘状となっていることがこの科の最大の特徴です。

Koneprusia sp.
コネプルシアの一種
【KNP-007】
デボン紀中期
Oufaten Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 幅3.2cm(棘を入れて)
母岩 : 8cm x 4cm
価格 : ¥243,000 (税込¥267,300)
特記 : ハミー氏による世界最高レベルで剖出された完璧な品質の完体標本です。
もちろん彼からの標本ですので母岩接着以外の補填や着色等は一切ない完全にナチュラルな標本です。コネプルシアは同じ属名がついていても多くの種類があります。今回のこの個体は胸部中央に2本の長い棘が並ぶ大変珍しいタイプです。最も良く見るK.dahmaniは胸部中央は棘1本のみです。しかしこの標本は何より、この数センチという大きさのものをかなり拡大した写真ですら明瞭に部位の先端まで剖出されていることでしょう。このレベルで剖出ができる職人は過去にも現在でも彼しか見当たりません。大きさもコネプルシアとしては一般的なサイズで、2cm程度の非常に小さいタイプではありません。彼の持つ知識と経験による機器やブラスター粉末の選択、そして圧力を極限にまで落としての多大な時間と労力をかけなければ成し得ないことは想像に難くないでしょう。部位の欠損等も見当たりません。他のどのような工房が仕上げた三葉虫標本と比べても劣る点など一切ない、まさに世界最高クラスの標本です。
Koneprusia sp.
コネプルシアの一種
【KNP-003】
デボン紀中期
Oufaten Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 縦2cm(棘を入れて直線測定)
母岩 : 8cm x 4cm
価格 : ¥110,000 (税込¥121,000)
特記 : ハミー氏の世界最高技術による剖出の、珍しいタイプのコネプルシアです。
彼からの標本ですので、樹脂による補填や着色等は一切ありません。おそらくは頭部後ろの長い棘が途中でないためにこの価格となっていますが、全体でも2cmほどの個体ですのでその棘の欠損部は数ミリほど、拡大写真では目立ちますが実物は一目では気付かないほどのものです。あとは左頬が若干ずれていますがこちらは欠損はありません。しかしこのモロッコの硬い岩石からこの1ミリにも満たない棘先を損傷なく剖出する技術は、世界中で他の誰も真似できないだけあり、その棘の表面には凸凹すら完璧に残っていることにはただ驚くばかりです。その技術が体中の各所の剖出にも惜しみなく投入されており、まさに世界最高度の剖出標本であること疑うことなしです。胸部節に両側2つずつの粒のような突起が付いており、また中央の棘も非常に短く、まだ記載されていないほとんど見たことのないタイプの種類のようです。
Koneprusia sp.
コネプルシアの一種
【KNP-006】
デボン紀中期
Zguilma area
Atlas Mountain region
詳細写真 Morocco
本体 : 縦3.3cm(棘を入れて直線測定)
SOLD 母岩 : 6cm x 6.5cm
価格 : ¥122,000 (税込¥134,200)
特記 : ハミー氏剖出の完品です。
彼がここ最近試している、三葉虫に群がる小さな生物や何らかの小さな痕跡の破片を残して剖出した標本の一つです。そのために一見したところは見栄えは良くないように感じますが、実際のところは三葉虫本体も傷や欠陥等はなく(左後方の短い棘一本は生きている時に再生された類いのものでこの種には比較的よくあります)、1mm以下の小さな棘や突起はもちろんのこと、外殻表面などは艶が出るほどに完璧に剖出されています。他の誰にも真似できない彼の技量をうかがい知ることができると同時に、本来の三葉虫化石のその多くがこのような状態で保存されていることが分かる興味深い標本です。おそらくノジュールと考えられる母岩形状もこの標本の特徴の一つです。