トップページ > 販売リスト > レバノン化石 > カニ

レバノン産 カニ化石

レバノン中部の白亜紀後期の地層からはカニ化石も産出します。深い海で堆積したHakelおよびHjoulaの二つの産地から、比較的体が小さめの深海性のカニが中心です。

Geryon hakelinsis
(ゲリオン ハケリンシス)
【LCB-001】
白亜紀後期
Sannine Formation
Hakel, Mount Lebanon
詳細写真 Lebanon
本体 : カニ幅4cm、ウミユリ幅6.5cm
母岩 : 14.5cm x 12cm
価格 : ¥27,200 (税込¥29,920)
特記 : ワタリガニとウミユリが一緒に載っている標本です。
書き込みや補填は一切ありません。カニ側に母岩割れがありますが最小限であり本体にはほとんど影響はありません。どちらかと言えばウミユリ(Antedon pinnulata)の傍らにカニがいる感じで、そのウミユリも体全体がきれいに保存されています。また母岩にはさらに別の個体も観察できます。ウミユリは浮遊性で海に漂っていた種類だそうです。カニの方もよく見ると脚の先の尖った爪の先端まで保存されています。互いに共生していたのではともとれる興味深い標本です。