トップページ > 販売リスト > 北米産三葉虫 > 脚付き三葉虫(北米産)

Trilobites with legs/ 脚付き三葉虫 :
 Triarthrus (トリアルツルス/トリアルトゥルス/トリアルトルス)

三葉虫は、古生代 (約5.7億年前〜2.45億年前) に地球上に繁栄していた節足動物です。約3億年に渡って様々な形態に進化し、全体で1万を超える種を有していましたが、恐竜が現れる中生代を前にしてすべて絶滅してしまいましたので、現在では化石としてしか姿を見ることはできません。ただ残念なことに、現在見ることができる世界中のほぼすべての三葉虫の化石は、外骨格やカルサイト/方解石などの結晶でできていた眼などの硬い部分しか残っておらず、それ以外の組織は死後早い段階で腐って消えてしまって見ることができません。ところが、ここのページで掲載している三葉虫の化石は、通常では残ることのない脚や触角などの軟体部分が保存されており、そのような特殊な保存状態の三葉虫化石は、世界中を見渡しても他にカナダBurgess Shale (バージェス頁岩)やドイツのHunsrück Shale (フンスリュック頁岩)などの数えるほどの産地からしか産出しません。

米ニューヨーク州のRome (ローム)近郊のオルドビス紀後期の地層には、三葉虫の触角や付属肢までが保存された状態で見つかる場所があります。この場所は、Beecher's Trilobite Bedと呼ばれ、三葉虫の体の形態の解明に一役買ったことで知られています。最近、その場所の近くで同様に軟体部が保存された三葉虫が発見され、地元の大学や博物館による調査が新たに行われました。その中で、三葉虫の頭部後方端付近に卵を持ち合わせていることなどが報告されました。このページの標本はその場所で採取されたものです。

※ ここで販売しております標本は、その研究を共同で行った採掘者本人が合法的に採取したものを直接譲り受けたものですので、どうかご安心下さい。

Triarthrus eatoni
トリアルツルス イートーニ
【NYS-024】
オルドビス紀後期
Whetstone Gulf Formation
Central New York
詳細写真 USA
本体 : 縦1.1cm
SOLD 母岩 : 10cm x 8cm
価格 : ¥58,400 (税込¥64,240)
特記 : この産地からの平均的な大きさの個体、横向きの姿勢です。
採掘者が剖出した後にコレクションとして手元に置いてあった標本から譲ってもらいました。大きな個体ではありませんが手元においてあった理由がよく分かる、見事な保存状態の標本です。触角も頭部に沿っているもののしっかり2本確認できますし、付属肢は随分伸ばしている状態ですのではっきりと観察できます。頭部から胸部や尾板までの外殻がほとんど損傷なく保存されているのもこの標本の特色かもしれません。
Triarthrus eatoni & Ostracod
トリアルツルス イートーニ & 貝形虫
【NYS-023】
オルドビス紀後期
Whetstone Gulf Formation
Central New York
詳細写真 USA
本体 : 縦2.8cm(胴体2.1cm)&貝形虫0.3cm
母岩 : 11cm x 8cm
価格 : ¥132,000 (税込¥145,200)
特記 : この産地で最大クラスの大きなサイズの個体の横向きに加えて、貝形虫(オストラコード)も載っているプレートです。
採掘者が剖出した後にコレクションとして手元に置いてあった標本から譲ってもらいました。そのため間違いなくトップクラスの見事な保存状態です。胴体だけで2cm以上あるため、肉眼でも十分に付属肢や触角を観察することができます。貝形虫の方裏向きか横向きでしょうか、小さいながらも平均的大きさの完体です。この産地からの新たな標本はもう採取できないため、最近は状態の良い標本もすっかり少なくなってきました。そんな中にあってベストクラスの大きな個体の標本ですので、ご希望の方には特にお薦めさせて頂きます。
Triarthrus eatoni
トリアルツルス イートーニ/エアトニ
【NYS-022】
オルドビス紀後期
Whetstone Gulf Formation
Central New York
詳細写真 USA
本体 : 縦2.5cm(胴体2.1cm)
母岩 : 10.5cm x 16cm
価格 : ¥121,000 (税込¥133,100)
特記 : この産地で最大クラスの大きなサイズの個体が表向きで保存された標本です。
頭部は少し深めに剖出されており、卵こそ見つからなかったようですが、口周りの組織や頭部からの小さな脚は根元から観察できます。2本の触角はちょうど半分付近で折れ曲がって残るのも興味深いです。もちろん胸部からの多数の脚、尾板からの脚もしっかりと保存されています。このクラスの大きさだと、付属肢一本一本の節まで明確に観察できます。非常に大きな個体、そして見事な保存状態と、この標本も遠くから見ても全体がはっきり見渡せる見事な標本です。
Triarthrus eatoni
トリアルツルス イートーニ/エアトニ
【NYS-021】
オルドビス紀後期
Whetstone Gulf Formation
Central New York
詳細写真 USA
本体 : 縦1.6cm(胴体1.3cm)
SOLD 母岩 : 10cm x 9.5cm
価格 : ¥58,000 (税込¥63,800)
特記 : きれいに裏側を向いて保存されている標本です。
この産地で最も多く見つかる1cm強のサイズの個体ですので、肉眼でも十分に観察できます。触角は一方が途中で切れているように見えますが、頭部裏の内側に引き込まれているようにも見えます。頭部裏の口周りの組織と小さな脚、胸部両側の多数の付属肢、尾板付近の軟体部と保存は見事です。
Triarthrus eatoni
トリアルツルス イートーニ/エアトニ
【NYS-020】
オルドビス紀後期
Whetstone Gulf Formation
Central New York
詳細写真 USA
本体 : 縦3.0cm(胴体2.2cm)
SOLD 母岩 : 9cm x 11.5cm
価格 : ¥124,000 (税込¥136,400)
特記 : この産地で最大クラスの大きなサイズの個体が表向きで保存された標本です。
表向きながら、頭部の後方両端の卵を持つ場所を少し深めに剖出されており、実際にそこには卵と思われる小さな点のようなものが残っていることが分かります。2本の触角も右が途中少し薄れてはいるものの完全に残り、頭部からの小さな脚、胸部からの多数の付属肢、そして尾板からの脚も見事に残ります。胸部右前方は少しダメージを受けているようで、その部分は最初から付属肢は残っていなかったとのことでした。左付属肢にはオストラコード、また本体右後方にも生物の痕跡が残ります。このクラスの大きさだと、付属肢一本一本の節まで明確に観察できます。非常に大きな個体、そして見事な保存状態と、遠くから見てもはっきりと全体の様子が知ることのできる見事な標本です。