トップページ > 販売リスト > ウクライナ産甲冑魚 > Stensiopelta (ステンシオペルタ)

Stensiopelta / ステンシオペルタ

Stensiopelta (ステンシオペルタ)は、Cephalaspidomorphi/Cephalaspid (ケファラスピス綱/頭甲綱)、Osteostraci/Ostracoderm (骨甲亜綱)に属する、いわゆるOsteostracan (オステオストラカン)と呼ばれているものの一種です。これらは主にシルル紀中期からデボン紀末期にかけて北米やヨーロッパで繁栄した種類で、発達したひれ、複雑で立派な頭甲と細かい骨を持つ体を持っています。頭部が特に厚い骨質の冑甲で覆われていたためか、その部分が化石として産出することがほとんどです。

Stensiopelta (ステンシオペルタ)は、その中のBenneviaspidiformes (ベンネヴィアスピス目)、Scolenaspididae (スコレナスピス科)に属します。長い左右のcornual process/突起を持つ頭部が印象的です。S.pustulata (S.プルトゥラタ)の一種が記載されており、ここウクライナの他、英ウェールズのデボン紀初期の地層からも産出します。

Stensiopelta & Wladysagitta
ステンシオペルタ & ウラディサギッタ
【UST-005】
Devonian
Dniester Series
quarry near Zvyniach, Chortkiv Raion
詳細写真 Ternopil Oblast, Ukraine (ウクライナ)
本体 : 縦5.0x幅9.8 & 縦6.1x幅8.1
母岩 : 17cm x 19cm
価格 : ¥45,300 (税込¥49,830)
特記 : ウクライナ産甲冑魚。
これまでとは違った産地から新しく採取された標本です。表はStensiopelta pustulata、裏はWladysagitta janvieriです。どちらもうまい具合に頭部全体が保存されています。同時に両方を観察できず、また裏のWladysagittaは垂直に伸びる突起がないため、あくまで表がメインで裏はプラスアルファという感じの価格設定です。この産地がこのようにある程度個体が密になって産出し、しかも種類も多種であることがよく分かる、異なる種類を一つの母岩で観察できる貴重な標本です。
Stensiopelta pustulata
ステンシオペルタ プルトゥラタ
【UST-004】
Devonian
Dniester Series
Volyn-Podolia
詳細写真 Ukraine (ウクライナ)
本体 : 縦5cm(棘含まず) x 幅11.7cm
SOLD 母岩 : 8cm x 13.5cm
価格 : ¥52,400 (税込¥56,592)
特記 : ウクライナ産甲冑魚の代表的種類の頭部化石です。
十分な大きさがある個体です。特徴的な長い左右の突起もほとんど完全に残っています。両眼および顔線も明確に観察できます。縁付近の質感や後方の鱗のような模様も美しく、この種類の特徴がはっきりと残る大変良質な標本です。