トップページ > 販売リスト > その他の生物(北米産) > ウィワクシア

Wiwaxia / ウィワクシア

Wiwaxia (ウィワクシア)は、カンブリア紀前期から中期の地層から見つかる軟体動物の一つです。大きくとも5cmほどの小さな丸い体ながら、表面は鱗のようなもので覆われ、そのうち上部両端のものは鋭く長く伸びる棘があります。バージェス頁岩や中国貴州省Kaili層からのものが有名です。

Wiwaxia sp.
ウィワクシアの一種
【WWX-001】
カンブリア紀中期
Wheeler Formation
Millard County, Utah
詳細写真 USA
本体 : 幅1cm
SOLD 母岩 : 7x5 & 9x3cm
価格 : ¥22,400 (税込¥24,640)
特記 : カンブリア紀中期の地層からながら、バージェスでもKaili層でもなく、米ユタ州からのものです。
どちらがポジネガかの区別は難しいですが2つに割ったままのナチュラル状態です。完全か不完全かは分かりませんが、長い棘も複数あり、鱗のような丸い部分が集まっている部分もあるように見えます。