トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > A.kotlukovi (アサフス コトルコヴィ)

Asaphus kotlukovi / アサフス コトルコヴィ

ロシア産三葉虫の最も代表種であるAsaphus (アサフス)には分かっているだけで20種類以上いますが、このAsaphus kotlukovi (アサフス コトルコヴィ)は、最も代表的な種類であるA.punctatus (アサフス プンクタトゥス)の直近の祖先、最近ではA.cornutus (アサフス コルヌトゥス)もこのA.kotlukovi (コトルコヴィ)から進化したとさえ考えられています。そのため、体全体の特徴も両者と似ており、特にA.cornutus (コルヌトゥス)とは非常に似通っていますが、実際両者を並べて比較してみますと、A.kotlukovi (コトルコヴィ)はより長さが短い頭部と尾板を持っていることが分かります。

Asaphus kotlukovi tumidus
アサフス コトルコヴィ トゥミドゥス
【AKT-008】
オルドビス紀中期
Asery Level
Volkhov River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦12cm(背周り13.3cm) x 幅7.1cm
母岩 : 18cm x 13cm
価格 : ¥112,000 (税込¥123,200)
特記 : 10cmを大きく超える巨大な個体、真っすぐに伸びた見事な保存状態の標本です。
外殻割れに対してスポット的な補填があるのみのほぼ無補填クラスのトップクラスの品質です。またこのような大型個体の場合は地中での変形が伴うものも多いですが、この個体は頭部にわずかに上からの圧縮があるのみで、眼周辺の陥没も十分に通常の範囲であり、左右の変形については体全体に渡ってほとんどない非常に状態が良い標本です。この12cmという大きさは写真ではなかなか伝わらない事が残念ですが、最後の写真のように同じ種類の丸まった個体(AKT-007)と比べるとその差は歴然です。実物はロシア三葉虫と思えないほどのボリュームと存在感があります。このクラスの巨大な個体でこの品質のものはそう簡単に得られるものではなく、間違いなくこの種類の巨大個体標本として最高クラスの品質を誇る逸品です。
Asaphus kotlukovi tumidus
アサフス コトルコヴィ トゥミドゥス
【AKT-007】
オルドビス紀中期
Asery Level
Volkhov River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 幅3.1cm
SOLD 母岩 : -
価格 : ¥9,800 (税込¥10,780)
特記 : 平均より少し小さめの個体が防御姿勢を取って丸まっている標本です。
尾板に割れに伴う接着補修がありますが、それ以外に補填はありません。小柄な標本ながら手に取って観察しても破損する心配が少なく、三葉虫がダンゴムシのように丸まっていたことを知ることのできる標本です。
Asaphus kotlukovi tumidus
アサフス コトルコヴィ トゥミドゥス
【AKT-006】
オルドビス紀中期
Asery Level
Mga River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦5.8cm(背周り6.3cm) x 幅3.8cm
SOLD 母岩 : 7cm x 6.5cm
価格 : ¥13,400 (税込¥14,472)
特記 : 小さめながらとても美しい標本です。
母岩割れに伴う補修がありますが限定的で、補填は1-2%程度のかなり良質なものです。小さい個体ながら顔の様子などこの種の特徴はしっかり備えています。波打った体勢に愛嬌を見いだせる可愛らしい標本です。
Asaphus kotlukovi
アサフス コトルコヴィ
【AKT-002】
オルドビス紀中期
Asery Level
Mga River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦7cm(直線測定) x 幅4.3cm
SOLD 母岩 : 10cm x 7cm
価格 : ¥25,100 (税込¥27,108)
特記 : 平均サイズかそれより若干大きめくらいの個体の、真っ直ぐに伸びた体勢です。
補修はほぼ皆無で、その品質を裏付けるかのように胸部端や尾板端には細かいしわのような模様も観察できます。あまり出回らない種類のAsaphusのトップクラスの標本です。