トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > A.plautini(プラウティーニ)

Asaphus plautini / アサフス プラウティーニ

Asaphus plautini (アサフス プラウティーニ)は、ほとんどのAsaphus (アサフス)よりも新しい層 (Asery Level)のC1α2という、さらに一段新しい層から産出します。従って、多くのロシア産Asaphus (アサフス)の中で最も進化したものの一つに数えられることになります。 但し、同様にC1α2の層から産出されるA.kowalewskii (A.コワレウスキイ)とは別系統に位置すると考えられており、このA.plautini (A.プラウティーニ)には長い眼の軸など見る影もありません。ただこの種は10cm以上にもなる個体がたまに存在することは、A.cornutus (A.コルヌトゥス)の流れを組む根拠とされており、しかし眼がそれに比べて小さくなっているところは興味深いところです。

なお、A.plautini (A.プラウティーニ)は、近年さらにsubspecies (亜種)の分類が提唱されており (Ivantsov 2003)、幅広で頑強大型のA.plautini polyxenus (A.プラウティーニ ポリケヌス)や、それに比べて細長い体のA.plautini plautini (A.プラウティーニ プラウティーニ)として同定がされた標本が市場に出ることも多くなってきました。

Asaphus plautini polyxenus
アサフス プラウティーニ ポリケヌス
【APT-018】
オルドビス紀中期
Asery Level
Vilpovitsy Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 背回り7.5cm x 幅4.5cm
母岩 : 7cm x 7cm
価格 : ¥11,200 (税込¥12,320)
特記 : 大きな個体ではないながら、幅広頑強のタイプのもので、防御姿勢により一部丸まっています。
左眼下に少し濃い色となっている部分が樹脂による補填で、このために少しお買い得感のある価格となっています。その他は尾板を中心に若干の補填はありますが、そのほとんどは1mm以下の凸凹を解消する程度のほんのわずかなものですのでこれらは全体の品質には影響ありません。実際に拡大写真のように細かい模様も観察できる品質です。躍動感がある体勢のお手頃な標本です。
Asaphus plautini plautini
アサフス プラウティーニ プラウティーニ
【APT-017】
オルドビス紀中期
Asery Level
Vilpovitsy Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 背回り8cm x 幅4.5cm
母岩 : 9cm x 8cm
価格 : ¥15,600 (税込¥17,160)
特記 : 細長いタイプの方の種類の、若干頭をもたげた状態での姿勢です。
平均サイズの上限というくらいの大きさで、母岩割れもないようです。若干頭部に補填はありますが十分に許容範囲の内です。この姿勢ゆえに、何だか今にも動き出しそうな標本です。
Asaphus plautini plautini
アサフス プラウティーニ プラウティーニ
【APT-021】
オルドビス紀中期
Asery Level
Gostilitsy Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦8cm(直線測定) x 幅4.8cm
SOLD 母岩 : 12cm x 9.5cm
価格 : ¥24,300 (税込¥26,244)
特記 : 大きめサイズの真っ直ぐに伸びた、細長いタイプの方の種類の美しい標本です。
若干右眼に陥没がありますが、十分に許容範囲のもので、それ以外は体全体に渡って美しく保存されています。全体的に少し擦れがありその部分へ所々補填も認められますが、どこもほんのわずかな量であり、全体は非常にナチュラルな良品に間違いありません。拡大写真の通り、表面には微細が観察できるほど丁寧なクリーニングによって仕上げられており、この種の大きめの個体として買い換えが不必要な部類の、かなり上位クラスの標本です。
Asaphus plautini plautini
アサフス プラウティーニ プラウティーニ
【APT-019】
オルドビス紀中期
Asery Level
Volkhov River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦8.8cm(直線測定) x 幅4.8cm
SOLD 母岩 : 15cm x 12cm
価格 : ¥32,381 (税込¥34,000)
特記 : 細長いタイプの方の種類の、頭部裏まで剖出された大きめの個体の標本です。
一部赤っぽく変色しているところがありますが、拡大写真の通り、これはごく自然なもので樹脂による補填ではありません。表面には細かいしわが残る保存状態のものですし、大型の種類とは言え間違いなく平均サイズ以上ある上、頭部裏まで観察できますので、亜種まで同定されているこの種類の標本として大変お薦めです。
Asaphus plautini polyxenus
アサフス プラウティーニ ポリケヌス
【APT-020】
オルドビス紀中期
Asery Level
Volkhov River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 12cm(直線測定) x 幅6.2cm
SOLD 母岩 : 17cm x 13cm
価格 : ¥63,200 (税込¥68,256)
特記 : 定規で測定しても12cmと、完全体として産出するこの種類の個体としては最大級の大きさです。
真っ直ぐに伸びている姿勢で、かつ頭部裏まで剖出されている仕上げとなっています。頭部に外殻割れの接着は若干あるものの、樹脂による補填は全体の3%以下とのことで、このサイズとしてはかなり品質の良い部類に入ります。この種類は大型の傾向があるものの、ここまで大きなものは当店でも過去10年以上で最大です。ここ最近は特に通常種に関して採掘の頻度が減りつつありますので、このような標本をお望みの方には大変お薦めさせて頂きます。
Asaphus plautini plautini
アサフス プラウティーニ プラウティーニ
【APT-023】
オルドビス紀中期
Asery Level
Volkhov River
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 幅4.4cm
SOLD 母岩 : -
価格 : ¥12,300 (税込¥13,284)
特記 : 細長いタイプの方の大きめ個体、防御姿勢を取って丸まった標本です。
頭部左眼付近を中心に若干の補填ありますがそれ以外にはほぼなく、少し表面が荒れている尾板も含めて、非常にナチュラルな状態です。実際頭部先には細かいしわのような模様も観察できます。写真ではなかなか大きさが分かりにくいですが、幅が4cm超えの大きな個体であり、実物はずっしりとした良質な標本です。