トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > rare Hoplolichas (ホプロリカス希少種)

rare Hoplolichas, Hoplolichoides / ホプロリカス, ホプロリコイデスの希少種

世界中の三葉虫の中で、最も産出量が少なく稀少な存在であるorder (目/もく)が、Lichida (リカス目)です。しかもその体は一般的な三葉虫の体とはかけ離れているものが少なくなく、大きく出入りのある尾板を持ち、いろいろな所に棘や突起で装飾されているかのような体を持つものも多く、極めて不思議な体を持っていることが大きな特徴です。

このロシアのオルドビス紀から産出する数少ないLichida (リカス目)であるHoplolichas/Hoplolichoides (ホプロリカス/ホプロリコイデス)も、世界中のLichida (リカス目)と同様に、ギザギザで鋭い頬棘、胸部や尾部には棘や突起も数多く持ち、その風貌からロシア産三葉虫のうちでも最も人気の高い種類です。しかしやはりこの産地においても産出量は少なく、その人気と相まって市場では典型的な高価で稀少な代表となっています。

この地域から産出するHoplolichas/Hoplolichoides (ホプロリカス/ホプロリコイデス)は、産出するそのほとんどがこの種類であり、ただでさえ希少なHoplolichas/Hoplolichoides (ホプロリカス/ホプロリコイデス)において、それ以外の種類はさらに希少になっています。しかし実際にはこの地域だけでも10種類以上のHoplolichas/Hoplolichoides (ホプロリカス/ホプロリコイデス)がいるとされており、派手な風貌の中にも様々な姿を確認することができます。

Hoplolichas praeplautini
ホプロリカス プラエプラウティーニ
【HLS-001】
オルドビス紀中期
Asery Level
outcrop near town Kipen
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦5cm (背回り5.5cm) x 幅4cm
母岩 : 13cm x 11cm
価格 : ¥224,000 (税込¥246,400)
特記 : これまでに完全体は5体程度しか産出していないという、大変珍しいホプロリカスの標本です。
学術的にはH.plautini (ホプロリカス プラウティーニ)の祖先としてする論文が発表されています。そのため体全体のつくりは非常にその種に似通っていますが、最大の違いは頭部後方に突起がないことです。実際に拡大写真の通り、その突起があってもよいハズの部分にも表面の粒々が観察できますので、やはり最初からその部分には突起はなかったようです。大変希少なホプロリカスの種類ながら、真っ直ぐに伸びた、大きさも小さくない、大変品質の良い標本です。
Hoplolichas plautini
ホプロリカス プラウティーニ
【HLS-002】
オルドビス紀中期
Asery Level
near Koporie
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦5.7cm (直線測定) x 胴体幅4.3cm
SOLD 母岩 : 13cm x 9.5cm
価格 : ¥175,200 (税込¥189,216)
特記 : ホプロリカスの稀少種の中では最も産出量の多い種類です。
もちろん、ホプロリカスの通常種に比べて圧倒的に産出量が少なく、ホプロリカス自体がアサフスなどの通常種に比べて明らかに稀少であることを考えますと、この種類がどのくらい稀少かが分かります。今回の標本はホプロリカスでよくありがちな、左右方向への圧縮変形はなく、また補修も胸部前方中央の棘が薄くなっている付近くらいですので、上位品質の標本となります。大きさも小さくない個体ですが、今回はたまたま通常よりも安い価格で入ってきておりますので、この価格での提供にて自信を持って提供させて頂きます。