トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > Lonchodomas (ロンコドマス)

Lonchodomas / ロンコドマス

Lonchodomas (ロンコドマス)は、Asaphida (アサフス目)のTrinucleioidea (トリヌクレウス超科)、Raphiophoridae (ラフィオフォルス科)に属します。この科に属する仲間は、Ampyx (アンピクス)やCnemidopyge (クネミドピゲ)がその代表で、その非常に長い頬棘、それに比べると小さな胸部と尾板、そして眼が見当たらない特徴的な頭部の先には驚くべき非常に長い角のような突起があり、一目でこの科の種類であることが分かります。

このRaphiophoridae (ラフィオフォルス科)の種類は、特にモロッコ・ドラ渓谷のオルドビス紀の地層からのAmpyx (アンピクス)を比較的良く目にしますが、ロシアからのものはどれも完全体が年間に数体程度以下と非常に稀少な種類です。その産出量の少なさ故か、F.Schmidtが100年以上前に数種類を発表したものの、学術的にも今だにはっきりとしない種類が見られるものの一つです。

※市場や特に現地ロシアにおいては、このLonchodomas (ロンコドマス)とAmpyx (アンピクス)がほぼ区別ない状態で流通しており、両者は同じような価格で取引されていることが通例となっていますが、実際にはLonchodomas (ロンコドマス)は節の数が5に対し、Ampyx (アンピクス)は6であり容易に区別がつきます。

Lonchodomas volborthi volborthi
ロンコドマス ヴォルボルティ
【LNC-001】
オルドビス紀前期
Volkhov Level
Putilovo quarry, St. Petersburg region
詳細写真 Russia (ロシア)
本体 : 胴体縦2cm x 幅1.7cm (全体で縦5cm)
SOLD 母岩 : 8cm x 8cm
価格 : ¥228,600 (税込¥246,888)
特記 : 数年ぶりに確保できました真っすぐに伸びた、十分に平均サイズはある、非常に状態のよい個体です。
頭部から胸部,尾板に至るまで、生きていた時の筋肉や腱の痕と言われる茶色の斑点状の模様がはっきりと残っていることからこの保存状態の良さが見て取れます。長い棘も大部分がオリジナルのパーツを用いて組み立てられていますので、展示空間へのディスプレーとしてはもちろんのこと、科学的な資料としても耐え得る標本です。