トップページ > 販売リスト > ロシア産三葉虫 > N.lindstroemi (N.リンドストレミ)

Niobe(Niobella) lindstroemi / ニオベ(ニオベラ) リンドストレミ

四角形に近いような頭部と、深くはっきりとしたfacial suture (顔線)がNiobella (ニオベラ)の特徴です。この種類も、Asaphida (アサフス目)の中のAsaphoidea (アサフス超科)、Asaphidae (アサフス科)ということで、Asaphus (アサフス)に代表される多くのロシア産オルドビス紀三葉虫と同じ仲間です。しかし、この種類は主に、多くのAsaphus (アサフス)が産出する地層よりも一段下から産出するため、なかなか採掘する機会が少ないこととその稀少さより、小ぶりで地味な姿の割に需要の高い種類です。 なお、この種類は、100年以上前の種登録の時にはすべてNiobe (ニオベ)という属名が使われていたため、現在でも引き続きその属名を使用していることも多くなっています。ただ、現在では種によってNiobella (ニオベラ)という属名を併用することもあるため、市場でもその傾向が見られます。

このページでは、Niobe(Niobella)/ニオベ(ニオベラ)の中でも、他の種類に比べて産出量が比較的多い、Niobe(Niobella) lindstroemi (ニオベラ リンドストレミ)の標本を掲載しています。

Niobe(Niobella) lindstroemi
ニオベ リンドストレミ
【NBL-006】
オルドビス紀前期
Volkhovian Level
Putilovo Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 背周り4.5cm x 幅2.2cm
母岩 : 6cm x 6cm
価格 : ¥34,200 (税込¥37,620)
特記 : ニオベの中では最も産出量が多い種類ながら、最近はほとんど見ることがなくなってしまいました。
この種類のこの産地の典型的な体勢のもので、平均サイズかそれ以上の十分な大きさのある個体です。補填は胸部中央付近と尾板右寄り中央が主で、頭部の縁などにも少しあり、全体として補填8-10%程度です。このような産出量が少ない種類はアサフスなど通常種では剖出されないレベルのものも仕上げられることとなりますが、最近のこの種の産出量から考えるとそれでも十分に貴重です。表面状態は良好であり元々部位欠損がない完体標本のため、この程度の補填によって科学的価値が下がることはありません。写真のように立てることもできるよう母岩が一部平らにされています。
Niobella lindstroemi
ニオベラ リンドストレミ
【NBL-005】
オルドビス紀前期
Volkhovian Level
Putilovo Quarry
詳細写真 St.Petersburg region, Russia
本体 : 縦3.1cm(背周り3.5cm) x 幅1.8cm
SOLD 母岩 : 4.5cm x 5cm
価格 : ¥41,143 (税込¥43,200)
特記 : 通常種のニオベといえども、最近はめっきりと見なくなってしまいましたが、その種類の平均サイズかそれより若干小さいかというくらいの個体の、状態の良い標本です。
この産地特有の母岩の鉱物むらにより体全体に色むらが出ていますが、実際は胸部の最初の2節の中央、および右眼程度にわずかな補填しかありません。この種類は中途半端に丸まっている個体が非常に多い中、この個体は随分と伸びた姿勢で、右側の節々を少し縮めてはいるものの、一目で全体が見渡せる標本となっています。