トップページ > 販売リスト > モロッコ産三葉虫 > Phacops (ファコプス)

Phacops / ファコプス

Phacops (ファコプス)は、Phacopida (ファコプス目)の中のPhacopina (ファコプス亜目)、Phacopoidea (ファコプス超科)、Phacopoidae (ファコプス科)と、この目を代表する種類で、米ニューヨーク州Moscow Shale(モスコー頁岩)やオハイオ州Silica Shale(シリカ頁岩)などの世界各地のデボン紀の地層から広く産出する最も有名な三葉虫の一つです。実際、モロッコ・デボン紀の地層からも数多く産出し、市場にもたくさんの標本が出回っています。最近、ようやくこの地域のPhacops (ファコプス)についても学術的な研究が進むようになり、"Phacops speculator (ファコプス スペキュレーター)"一辺倒であった以前の市場に比べると変化が出てきています。Phacops granulops, lebesus, smoothops, arawなど新しい種類のものに加え、ReedopsやDrotopsの他、Austerops, Barrandeops, Pedinopariopsという属に分類されるものもあるという論文発表もされています。

Phacops sp. & Hollardops sp.
ファコプス&ホラドプスの一種
【PHC-041】
デボン紀中期
Assa area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 幅2.4,2.2,1.9cm、ホラ幅2.4cm
SOLD 母岩 : 15cm x 9cm
価格 : ¥148,000 (税込¥162,800)
特記 : 粒に覆われているファコプスが出るAssaからのプレート、ハミー氏剖出による標本です。
もちろん人工的な貼り付けではなく、産出したままのナチュラルな状態です。この地特有のファコプスが3体に加え、完体のホラドプスも付いています。ファコプスは一体は尾板がない状態ながらも3体とも状態は大変良く、それがハミー氏の丁寧な剖出によりこの粒々ファコプスの特徴をしっかりと観察できます。ホラドプスも同様に丁寧に剖出されて表面の質感はファコプスに負けていません。ファコプスが3体とも丸まっているところを見ると、土砂に埋まってしまう前に危険を察知したのでしょう、生きているうちに埋まってしまったようです。逆にホラドプスは伸びた姿勢ですのでこちらは丸まることがほとんどないのか、そもそも丸まることができないようです。当時の海底の様子が4億年近い時を経て世界最高職人ハミー氏の手により目の前に広がる、非常に貴重で見事な逸品です。
Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-040】
デボン紀中期
Oufaten area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 縦5.3cm(直線測定) x 幅2.5cm
SOLD 母岩 : 8.5cm x 7cm
価格 : ¥26,300 (税込¥28,930)
特記 : ハミー氏剖出による標本です。
最もよく見るファコプスの種類で、サイズもその種のちょうど平均くらいです。複眼の左眼など若干アンダー気味のところはありますが、それでも全体を通して写真の通りの美しさです。母岩に縦横に割れがあるためその部分に接着はありますがもちろん樹脂による補填や着色等は彼からの他の標本同様一切ありません。
Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-039】
デボン紀中期
Issoumour area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 縦5.8cm(直線測定) x 幅2.8cm
SOLD 母岩 : 7cm x 7.5cm
価格 : ¥29,800 (税込¥32,780)
特記 : ハミー氏剖出による標本です。
こちらも良く見るタイプのものに似ていますが、目の高さが少しないタイプかもしれません。産地もIssoumour産です。通常種ですとそこまで慎重に剖出しなくとも大丈夫なようですが、こちらは全体的に丁寧に剖出されており両眼複眼も数を数えられるほどです。ただ頭部前方に母岩割れがあり、その関係で頭部前方の最外殻がわずかに剥がれているところがあるのが残念なところですが、まぁこの程度のダメージは自然なもので許容範囲かなと思います。サイズも比較的ある方でファコプスの頑強な印象が感じ取れます。胸部後方右側の変色部分は母岩の鉱物ムラで特に本体の品質に影響はありません。
Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-038】
デボン紀中期
Oufaten area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 幅2.4cm
SOLD 母岩 : 7cm x 7cm
価格 : ¥22,100 (税込¥24,310)
特記 : ハミー氏剖出による標本です。
最もよく見るファコプスの種類で、サイズもその種のちょうど平均くらいです。母岩割れが少し目立つためにこの価格ですが、もちろん彼からの標本ですので母岩割れ接着以外の補填や着色の部類は一切ありません。彼の剖出ですと普段あまり注目しない側面なども良く観察してしまいますね。
Phacops sp.
ファコプスの一種
【PHC-037】
デボン紀中期
Issoumour area
Atlas Mountains
詳細写真 Morocco
本体 : 背周り7.2cm x 幅2.8cm
SOLD 母岩 : 7cm x 9cm
価格 : ¥29,800 (税込¥32,780)
特記 : ハミー氏からの標本です。
彼本人が剖出していないとのことで品質が若干下がるかとは思いますが、なぜよく出回るファコプスにも関わらず確保したかというと、通常のファコプスとは明らかに異なる頑強で高さ方向に体積がある珍しいタイプのものだからです。過去に一度だけ仕入れたことがありますが、それ以来の入荷になります。頭部の高さ方向の立体感や胸部尾板のごつごつした感じなど、このタイプでしか見られない姿を是非ご堪能下さい。